読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ぬるい言葉が大嫌いなんです。】

f:id:tomomichisaida:20170427151507j:plain

【ぬるい言葉が大嫌いなんです。】

 

 

こんにちは!さいだです。

 

ちょっと面白い記事を見つけたので

今回はその記事について書こうと思います。

 

 

タイトル通りなんですが、

僕の性格ですかね?笑

 

ぶっちゃけたこと

すぐ言っちゃうんですよ。

 

 

だから、他の記事でも

大分ぶっちゃけてはいるんですが、

 

 

tomomichisaida.hatenablog.com

 

 

このぶっちゃけ週間とか、

もう「お前何様だ」ってくらい

ズバズバ言っていますよね。笑

 

 

性格がはっきりしている

というかなんというか…

 

 

でもそれだからこそ、

ぬるい言葉とか、曖昧な返事とか

言い訳とかが嫌いなのかなと。

 

特に夢物語のような話が

好きじゃないです。

 

 

 

 

蛇口を捻ったらお金が湧いてきました!

 

とか、

 

空からお金が降ってこないかな〜

 

とか、言ってしまうと、

 

宝くじで一攫千金ないかな〜

 

とかが嫌いなんです。笑

  

 

宝くじ当てるくらいなら

当選を待ってる間にいくつか

 

収入を得られる

仕組みを作った方が早いわ、

って思っちゃいます。笑

 

 

要は現実味のないことを

ねだったり信じることが

僕は苦手なんですよね。 

 

 

あと、もうここまで

ブログを読んでくださっている

あなたなら、

 

 

「いやー、すぐ言い訳しちゃうんで

私には無理ですね。。」

 

とかぬるい戯言をいう人には、

僕が

 

「えー!それ直さないから

ずっとそのままなんじゃないっすか?」

 

 

って思っちゃうことも
お分かりだと思います。笑

(うざ!そんで性格悪!!!)

 

 

 

(実際そんなことないですよ…)

(思うな〜って程度ですよ…)

(必死のフォロー…笑)

 

 

でも、これくらいはっきりしていた方が

ある意味清々しいでしょ?笑

 

 

僕のブログを読んでくださっている方は

本当に好き嫌いが二極化するので

そういうことかと思っています。笑

 

 

その中でも好いてくれている方は

何か理想の自分とかがあって

今の自分がいて、

 

その間でもがいている人

なんだろうなーって思います。

 

 

世の中の優しい大人達は

根拠はない癖に自信満々で

「やめとけ」って言ってきたり、

 

何かに成功して自信満々の人は、

「夢は諦めるな」

なんて言ってきます。

 

 

面白いですよね。

ちなみに僕は、この中間です。笑

 

 

で、今回なのですが、

このぶっちゃけブログに適した

とある記事を見つけたので

シェアしたいと思います。

 

 

僕でも

 

「いや…

言い過ぎじゃないっすか?」

 

ってなりました。笑

 

 

でも本当にそうだな、

と思うことの方が多かったので、

一度読んでほしいなと思います。

 

 

言い訳し続けて、チャンスを逃したり

自分の理想に辿り着けなかったりする

ぬるい人生を送りたくないあなたには

ドンピシャの記事じゃないかなと。

 

 

では、紹介していきます!

 

 

 

夢があるなら、なぜ命をかけないの?

f:id:tomomichisaida:20170415142118j:plain

 

 

logmi.jp

 

 

言い過ぎ言い過ぎ汗

 

ってなるくらい

ドギツイ言葉が羅列しています。。

 

僕はこの紀里谷監督が

おっしゃっている事を

「夢」ではなくて、

 

「やりたい事」

に変換して読んでいました。

 

 

「いつかできればいいな〜」

ってものは一生できない。

 

 

本当にそう思います。

それに対する姿勢というか

思いを実現しようとしないと、

 

 

「〇〇できたらいいな〜」

で終わるんです。

 

 

NEED(必要)

でなくて

WANT(願望)

で終わってしまうんですよ。

 

 

で、気づいたら

おっさんおばさんになっていて

 

「あの頃はあんな風に思っていたな〜」

って一夏の思い出のように

振り返って感傷に浸るわけです。

 

 

それでいいなら

それまでということです。

 

僕はそれだけはしたくなかったので

色々やり始めたという形ではありますが…

 

 

リスクを取らないと結局ぬるいまま

f:id:tomomichisaida:20170422040322p:plain

 

 

本当↑の通りです。

 

 

いい例が、

このブログを読まれている

ほとんどの方が当てはまるであろう、

 

「大学」だったり

「専門学校」です。

 

 

年間100万円程度、

もしくはそれ以上の

 

お金を払って(リスクを背負って)

あなたは大学に行っているわけです。

 

 

でも正直、親御さんが

学費を払ってくれていると

そういった感覚はぼやけてしまいます。

 

 

だって自分の

お金ではないですもん。

もっと言えば、

自分で払ってないですもん。

 

 

だから

”どうでもいい授業が”

なんて言っちゃうし、

授業に寝に行ってしまうんです。

 

 

僕も最初親が払ってくれていた時は

全くわかりませんでした。

 

もちろん授業中にも

寝まくりましたし

「次はどうでもいい授業」

とか言っちゃってました。

 

 

でも、自分で払うようになって

年間100万円の重みを知りましたし、

払ったからにはしっかりやらないと、

と思うようにもなりました。

 

(今は休学していますが…)

 

 

リスクを取った時に「必要性」が生まれる

f:id:tomomichisaida:20170427143619j:plain

 

 

みんな大体「必要性」に困ります。

 

 

「目的が分からなくなった」

症状に陥るのはこれが原因です。

 

 

必要性がないから

目的がすぐ変わってしまうし、

願望のままだから

 

「まぁいいっか。」

で終わってしまう。

 

 

だからリスクがないと続かないし

すぐに諦めるし、妥協もしてしまう。

 

 

人間って元々は

寝て起きて食べて寝る

動物だから仕方ないんです。

 

 

唯一、他の動物と違うことは

生きること、子孫を残すこと以外に

目的を達成しようとするところ

なんじゃないかなと思います。

 

 

最悪なくてもいいんですが、

目的のない人生は

他の動物と同じです。

 

 

食べるために働いて、

生きるために仕事をする。

 

ライオンがシマウマを

捕らえようとするのと同じです。

 

 

これもありだな〜って思いますが、

せっかく人間に生まれたんだから

目的だったり、目標を

達成したいですよね。笑

 

 

80年も生きて

ライオンと同じ生活をしていた

ってなったらなんか嫌じゃないですか。

 

(僕だけですか…?笑)

 

 

 

心配事の9割以上は空想。 

 

後半にかけて

紀里谷さんもヒートアップしていきます。

 

 

少し引用すると、

 

”俺は本当、写真撮れるんだったら死んでもいいと思った、本当に。死んでもいい、そのためだったら。今でも思ってる。俺、明日死んでも全然OK。本当にそう思ってる。

全然死んでもいい。いつでも差し出します。そのためだったら。そうなればさ、もうリスクとか、どうでもいいよね。

何を心配して、何のリスクがあるんですか? あなたは何を持ってんのって話だよ。そんなにリスクを心配するほど、あなたは何を持っているの? そんなにお金持ちなの? そんなに地位があるの? キャリアがあるの? 何を失くしたら困るの? わかる? 皆さん。”

 

 

すごいですよね…笑

 

でも、本当にそうだと思ういます。

 

 

特に僕らみたいな

若い世代はそうですよね。

 

 

自分の家族も持っておらず、

何の束縛もない、

一番身軽な時期であるのに

 

挑戦することにリスクを感じ、

億劫になっていく。

 

 

次第に言い訳の嵐。

 

 

挙げ句の果てに

 

「自分は他の人とは違うから…」

 

なんて心のどこかで思い出す。

 

 

で、最終的に

「自分には無理です。」

 

なんて言っちゃう。

(逆に誰なら大丈夫なんですかね?笑)

 

 

これ、僕自身の経験でもあるんです。

僕がビジネスを始める時は

 

 

「あの人は頭がいいから〜」

「あの人は家柄がいいから〜」

「あの人は〜」

「…」

 

って ずっと思っていました。

 

 

こういうのって自分が一度、

当時の自分から見た時に

憧れていた立場だったり、

 

何か当時目指していたことの

1つを達成した時に気づくもんです。

 

 

今振り返った時には

 

「何であの時あんな風に

思っていたんだろう、

時間無駄にしていたな…」

 

なんて思います。

 

 

残念だったな〜自分。と。笑

 

 

でもこれも経験で、

だからこそ逆にそう言っちゃう人の

気持ちがわかるのかなと。

 

(じゃないと記事にできませんよね。笑)

 

 

だから、今ある心配事の9割は

実際に起きないことであり、

ただの空想に過ぎない、

というのも納得してもらえますよね?

 

 

今だったらわかるわ〜

 

ということも、

当時の自分のような人には

まぁわからないものです。

 

そもそもその立場であることすら

気づくことができないかも。

 

 

だからすでに山を乗り越えた人の

アドバイスってしっかり

聞く必要があるんですよね。笑

 

 

紀里谷監督はいろんな修羅場を

乗り越えてきた方でもありますよね。

経歴を見ればわかります。

 

 

その局面局面で

「あぁしとけばよかった」

「こうしたからうまくいった」

 

というのがあるから

響くんだな〜と思いました。

 

 

では、今回はこの辺りで。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

 

P.S  1

↓ ↓ ↓

(インターコンチネンタルで

イキっている写真です。。。)

 

f:id:tomomichisaida:20170427150303j:plain

 

 

P.S.2

 

【LINE@始めました!!】

 

 

f:id:tomomichisaida:20170427150526j:plain

 

 

↑こちらのQRコードから

友達追加!

 

もしくは、

 

【@qrk4396h】

 

で検索!

(@をお忘れなく!)