読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【みんなドMですね。縛られるの好きですか?】

【みんなドMですね。縛られるの好きですか?】

f:id:tomomichisaida:20170411150227j:plain

 

 

 

こんにちは!さいだです。

 

最近周りの友達が

将来について考えるような

時期に入ったらしく、

かなり多くのLINEが飛んできます。笑

 

 

「就職しようと思うんやけど

いい企業知らない?中小企業でいいから!!」

 

「面接で話せるネタないんやけど

何話したらいいと思う??」

 

とかです。笑

 

 

僕は就活をした事がないので

聞く人間違っているなと思いながら、

面白いなーとか思って

LINEは返しているんですが、

 

 

純粋に

「いや、考え始めるの遅ないっすか?」

って思いました。笑

 

(友達がこのブログ見てたら

批判の嵐になりそうですね汗)

 

 

このブログじゃ僕の本音と

日々感じること、僕の考え方を

ぶっちゃけて書いているので、

 

見る人によれば

読むだけで突き刺さるほど痛い言葉が

横並びになっているかもしれませんね。笑

 

 

でも、なんで突き刺さるかって

その人の意識内に入ってきてはいたけど

その時考えるのが嫌だから遮断したもの

 

目を背けた事実、現実

 

があるからですよね。

 

 

僕ももちろん目を背けたくなる現実に

かなり多く直面してきたので、

 

そこにもう一度立ち向かおうぜ

じゃないと後々もっと苦労するからさ

 

 

ってメッセージを届けられたらな

と思ってブログを書いています。

 

 

 

さてさて、

僕が今大学を休学してまで

個人事業主として活動していて

一番良く聞かれる質問はこれです。

 


 

就職しなくて不安じゃないんですか?

資格取らなくて大丈夫なんですか?

 

 

めちゃめちゃ多いです。。。

 

 

僕のブログを

何度も読んでくださっている方なら

 

「いや、ちょっと何言ってるかわからないっす」

 

って僕が思うことを

理解してもらえるかと。笑

 

 

色々書いていますもんね。

 

 

tomomichisaida.hatenablog.com

 

tomomichisaida.hatenablog.com

 

tomomichisaida.hatenablog.com

 

 

↑の記事でかなり言っていますもんね笑

 

 

だから、そういった質問に対して

以下のように僕は答えるわけです。

 

 

 

成果に関わらず毎月決まった給料が振り込まれる状況に慣れることの方が不安じゃないですか?

 

 

大学卒業後そのまま就職するのが

いわゆる”普通な人生”なのは

重々知っています。

 

 

だから質問の意図は

すごく分かるんです。

元々僕もそうでしたから。

 

 

「就職したら給料安定だし

その会社に居続ければ

不安材料もないんだろうなー。」

 

なんて思っていましたから。

 

 

けれど「就職しないことが不安」

という考えを持っている人が多いことには

かなり違和感を感じます。

 

 

就職しないことが

将来的な不安に繋がるのでしょうか?

 

 

だから僕の脳内では

「ちょっと何言ってるかわかんないっす」

になります。笑

 

 

 

毎月給料をもらえる働き方に慣れることへの恐怖

 

 

僕がいいな、と思う

働き方をまとめると

以下のようになりました。

 

 

===========================

  1. 週5で9時5時など決められた時間で働くのは絶対に嫌だ
  2. 自分の実力であげた成果は全部自分で受け取りたい
  3. 死ぬまでやりたい事をやっていたい

===========================

 

 

 

こんな生き方を実現したいと

考えた時に、果たして、

就職することは必要なんでしょうか?

 

僕は必要ない、むしろ弊害すら

あるんじゃないかと思いました。

 

 

その弊害とは上記の、

「成果に関わらず毎月決まった給料をもらうことに慣れる」

ことです。

 

 

毎月決まったお金が決まった日に

口座に振り込まれるのは、

凄い安心感だと思います。

 

まずいいですよね、

「安定」って言葉が。

 

 

だけど、それって最終的に

僕が考えているような生き方をしたいと

思った時に、通らなくても

良い道だと思いました。

 

 

なんせ、毎月もらえる給料を

手放すのって超怖くないですか?

 

 

一回その働き方に慣れると、

僕は独立なんて絶対にできません。

 

 

3年で辞めるって言いながら

ズルズル会社に居続けることに

なると思います。

 

 

なんせ、年を重ねると

守るべきものが増えますよね。笑

 

会社だったら、部下ができたり、

自分の後輩ができたりします。

 

プライベートなら、

自分が家族を持つかもしれませんね。

子供もできるかもしれません。

 

 

そうなった時に

捨てるものの代償がやばいんですよ。

 

売り上げが立たず、

子供のオムツが買えないなんて

ざらにあると思います。

 

奥さんにアルバイトを

させなければならないかもしれませんね。

 

年を重ねるごとに

挑戦はしづらくなる一方なんですよ。

 

 

会社員になると安心感しかない。

 

 

いい意味でも悪い意味でもです。

 

 

大学卒業後そのまま就職することの

安心感はハンパないだろうな~、と感じます。

 

 

でもそれと同時に、

「それって目先だけの安心感じゃない?」

とも感じます。

 

 

木を見て森を見ず、

と言うんでしょうかね。笑 

 

(ことわざとかがあまり知らないので

違っていたら言ってください。笑)

 

 

長い目で見れば自分で事業を作ったほうが

安心感も自由さも得られるのです。

 

こういった表もあるみたいです。

 

 

f:id:tomomichisaida:20170411153231j:plain

 ※好きな時に働けて好きな時に休める状態を自由度★5とする

 

 

就職するという選択肢は

目先の安心感こそあるけれど、

それと引き換えに自由度を失います。

 

 

一方で独立という選択肢を取った場合、

最初の安心感は低いものの、

事業を増やして行くほど

安心感も自由度も上がって行きます。

 

 

僕はまだ個人事業主

1年、2年のペーペーなので、

自分が持っている事業の数も少なくて、

正直、安心感はかなり低い状態です。笑

 

 

だけど、ここから事業を

増やしていくにつれて、

安定感は必然的に増して、

 

10年目にはかなり盤石な

体制を築けているはず。

 

 

長い目で人生を考えたときに、

雇ってもらうための

スキルを身につけるよりも、

 

自分で稼ぐスキルを身につけた方が、

安心感、人生の自由度も

上がっていくんです。

 

 

 

経済的な安定よりも夢を追った人の方が、結果的にお金持ちになって安定するという研究結果があった

f:id:tomomichisaida:20170411153538j:plain

 

 

 

前述したようなことを

裏付ける研究結果がありました。

 

引用ですが、載せておきますね!

 

1960年~1980年に米国の心理学者スラリー・プロトニックが、ビジネス・スクールの卒業生1500人を対象に行った調査では、「今すぐ夢を追いかけるか、それとも、まず先に経済的な安定に役立つ職業を選ぶか」という質問をぶつけたところ、83%は「経済的な安定を確保してから夢を追いかける」と回答し、「すぐに夢を追い、お金のことは後で考える」と回答したのは17%だけでした。それから20年後、夢だった仕事を選んだ卒業生255人のうち、100人が大富豪になっており、収入第一で仕事を選んだ卒業生1245人のうち、最終的に大富豪になっていたのはわずか1人だったそうです。スラリー・プロトニックは、「大きな富をつかんだMBAたちの圧倒的多数は心から夢中になれる仕事に全身全霊で取り組んだ人々である。富はむしろ真に楽しめるなにかに専心したことの副産物だろう」と研究結果を結んでいます。出典:お金よりも夢を追った人の40%が大富豪に? 高城剛が勧める逆説的成功論

 

 

経済的な安定は欲しいと思って

取りに行く物じゃないんですよ。

 

 

「経済的な安定を確保してから夢を追いかける」

 

という考え方は

一見正しいように見えて、

 

結果から見てしまえば

ただの戯言でしかない

という事実があります。

 

 

「俺、夢を追いかけるわ…」

 

なんてと言うと、優しい大人たちは

 

「まずは会社で実績を積んでからにしろ!」

 

の大合唱を始めます。

それも本気で引き止めるレベルで。

 

 

僕も優しい大人から

多くの応援の言葉を頂きました。笑

 

「やめとけやめとけ」

 

の嵐です。

 

 

けど、それ間違ってるんですって。

 

 

結局夢を追いかけるなら、

最初から追いかけたほうが

成功確率が高いという

顕然たる事実があるのだから。

 

 

だから、やりたい事

やった方がいいんですよ。

 

たまに、

「そのやりたい事がないんですよ〜」

っていう人がいますが、

僕がお話しした時はいつも

 

 

『なら、今一番行きたいところに行けて

食べたいもの食べて欲しいものが

全部買えるような生活を

送るのがいいんですね。』

 

 

って言います。笑

もうこじつけのようにです。

 

 

だって、みんなそうでしょ?

嫌なことを我慢し続けて

やりたい事ができない生活って

誰も望んでいないはずです。

 

望んでいたら、

あなたは相当ドMです。笑

手のつけようがないくらい。

 

でも違いますよね?

 

 

少なくとも僕のブログを

読んでくださっている

あなたは違うはずです。

 

 

それに、何度も何度も言いますが、

やりたい事がないなんてないです。

 

それを最初から

職業で探すからないんですよ。

 

 

理想の生活

事実ベースで必要な時間・お金

それができる働き方

その中でやりたい職業

 

 

この流れで探したら

見つけるのは一瞬です。笑

 

 

それが安定であろうがなかろうが

やりたい事ができる生活であれば

僕はなんでもいいです。

 

 

安定より、 

やりたい事ができない生活の方が

絶対に嫌ですから。

 

 

 

目先の安心感も喉から手が出るほど欲しいけど、自由度もあげたいから独立を選んだ

f:id:tomomichisaida:20170411152405j:plain

 

 

そんな研究結果があったとして、

これだけブログでなんやかんや

言いまくっていても、

 

やっぱり自分の夢を

追いかけるのは怖いです。

僕もそうです。

 

 

「社会に必要とされなくなったらどうしよう?」

 

という怖さを

感じることもありますよ。

 

 

僕がよくされる質問である

「就職しなくて不安じゃないんですか?」

は短期的に見ればYESです。

 

 

毎月必ず給料が貰える環境にいる

大学の先輩たちを見ると、

皮肉抜きで本当に羨ましいです。

 

特にいい会社に恵まれた方は

本当にいいなと思います。

 

 

だけど、

もう少し長い目で見た場合、

僕にとっては絶対に独立という

選択肢を取ったほうが

 

人生が楽しくなることを

確信しています。

 

 

理論的には分かっていても、

自分の力で食べていこうと

思った時は怖かったです。

 

しかし、その怖さよりも、

自分が目指す生活を実現する

ワクワクの方が勝ったので

個人事業を始めました。

 

 

ちょっと視野を広げてみれば

働き方は自由に選べます。

 

 

あなたの理想の働き方はどんなものですか?

 

 

あなたの理想の生活を

イメージしてみましょう。

 

 

理想=やりたい事

 

です。

 

 

欲求に素直に。

 

 

f:id:tomomichisaida:20170411152154j:plain