読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【食後には絶対見ないでください。吐きます。】

ブログ強化週間

 f:id:tomomichisaida:20170214204826p:plain

 【食後には絶対見ないでください。吐きます。】

 

こんにちは、さいだです!

  

昨日から10日間のブログ強化週間を始めて

今日が2記事目の投稿です。

 

 

昨日の記事では

色々とぶっちゃけるぞっていう

意気込みを語りましたが、

 

今日はそのぶっちゃけの第一弾だと

思ってもらえたらなと思います!

 

 

もうとりあえずぶっちゃけてます。笑

ご飯を食べた後なら吐くくらいの勢いです。

(汚い表現すみません汗)

 

 

でも、

知らないと損するよ って内容です。

 

みんな知らずに20代前半を終えていく、

もしくは知っていても耳を塞いで

知らなかったことにしていくものです。

 

 

この記事を読んだ後に

「今気づけてよかった…」

と思ってもらえればなと。

 

 

覚悟はできていますか?

 

 

ということで、

今回の内容に入っていきます。

 

 

 

第1章: なぜ、個人で稼ぐ必要があるのか。

 

そもそも、

なぜ今個人で収入を得ることが

若い世代の僕たちに必要なのかを

綴っていこうと思います。

 

 

僕が今一番伝えたいことなので

最初の項目にしました。

 

 

なぜかというと、

まずはここに気づくことができないと

 

いつも通り、

無駄な浪費や消費も増え続けますし、

この記事を読んだ後も

いつも通りの生活に戻っていきます。

 

 

僕たちは今必要だと感じないものには

見向きもすることができず、

やってみたとしても、

継続する事ができません。

 

 

 

例えば、「勉強」がいい例です。

 

勉強が必要だと重々感じていた人は

受験を控えた人だったと思います。

 

受験がなく、勉強ができる人は

本当に勉強をする事が好きな人のみです。

 

行きたい大学に行くためには

受験をしなくてはいけないくて、

その為には勉強をする必要があるから

熱心に勉強をするわけです。

 

 

だから、

今後ビジネスが必要だと思う事がないと、

「興味がある」だけで終わります。

 

 

お金を自らの手で生み出す、という

足のつま先から指先まで震え上がるような

経験もしないまま生きていきます。

 

もちろん収入も平均所得を

超えることはありません。

 

休みがあっても週2日。

それ以外は朝から晩まで拘束の日々です。

 

もし起業を試みて何かを実践しても

続かず、中途半端な起業家になってしまいます。

 

自分でファッションブランドを立ち上げたり

ネットショップを立ち上げても

商品が一個も売れない

残念な結果になるのも見え見えです。

 

 

なので、今回話すことをまずはあなたの中に

しっかりと落とし込んでいただきたいんです。

 

 

 

そこから考え方が変化し、

収入面、人間的な成長が

見えてくるんですよね。

 

 

まずは危機感を感じるところからスタートです。

 

 

スタート地点はここからです。 

ちょっとあなたにとって

胃の痛い話をしていきます。

 

発信の仕方もちょっとそれっぽく

詰めるように書いてみようと思います。

(もう結構詰めた言い方しています?笑)

 

それだけ知っていただき、

危機を感じていただきたいんです。

 

 

そして、ここで学んだ考え方を

できるだけ多くの人に

発信して欲しいと思います。

 

 

なぜなら?

 

その情報に価値があるんです。

 

その情報が価値となり、

お金に変わっていきます。

 

 

これは今すぐに理解しろ

とは言わないのですが、

後々やり続けていれば

僕の言うことが理解できるはずです。

 

記事を読んでいくうちに感じたことを

周りの人も伝えて助けてあげてください。

 

資本主義社会に

埋もれていかないうちに。

 

 

 

本題に入ります。

 

で、本題に入るのですが、

 

まずはこの動画を見てみてください。

 

f:id:tomomichisaida:20170211212117j:plain


堀江貴文(ホリエモン)伝説のスピーチ ー近畿大学卒業式ー

 

この動画はホリエモンの愛称でお馴染みの

堀江貴文さんの近大卒業式のスピーチ動画です。

 

結構有名なスピーチなので

もう見られた方も多いと思います。

 

 

「あー、知ってますよさいださん。

見ました見ました。」

という人ももう一度見てください。

 

 

堀江さんが言っているように

これから今までのようにレールはなく、

自分で主体的に何か行動していかないと

確実に”普通の生活”は送れなくなります。

 

 

言われたことだけをやり続ける、

それだけだと、働き口は

ロボットに取られていく、

ということを言っています。

 

 

 

「とりあえず就職したところで

そんなものを40年以上毎日

働き続けることなんて簡単じゃない。」

 

この言葉響きますよね。

 

 

我慢し続け毎日働き

週2回程度の休みに

20万円程度の少ない給料の中

 

商品の値段を気にしながら 

安いファストファッションの服を買い

安い軽自動車で安いレストランに行く。

 

 

子供ができ、私立の高校、

私立の大学に行きたいと言っても、

「どうか公立の学校にしてくれ。」

 

といいながら

次の世代の可能性をも潰してしまう。

 

なんてことになりかねませんよね。

 

 

あなたが幸せにならないと

周りの人を幸せにすることはできません。

もちろん、助けたい人がいたとしても。

 

 

残酷な表向き”エセ資本主義”の日本

 

資本主義という言葉が

あまりピンとこない方のために

簡単に説明だけしておきますね。

 

資本主義とは、

人に価値を与えた分だけ

収入を得ることでき、

個人も国全体も豊かになる、

 

という日本という国で

決まっている1つのルールです。

 

このルールのもとに

経済が回り、社会が成り立っています。 

 

つまり、頑張って努力して

何かしら、人に貢献した人が

それ分の収入を得られるということです。

 

 

しかし、この仕組みを

おかしくさせているのが、

「会社に勤める」

という働き方です。

 

 

今、サラリーマンの平均年収は

400万円を切ろうとしています。

 

新卒の場合、月収でいうと

月20万円以下がほとんどです。

 

 

一人暮らししている事を前提で

少し計算してみましょう。  

 

 

家賃 50000円

光熱費 10000円

食費 40000円

娯楽費 30000円

携帯代 10000円

国民年金 約20000円

健康保険 約20000円

 

ーーーーーーーーーー

合計18万円ほどになります。 

 

これは最低限生きていくのに

必要な額のみを見積もっていますが、

 

 

ここから車に乗ったり

奨学金の返済をしようと思うと

 

車なら自動車税自賠責

保険、ガソリン代、ローン代で

プラス40000円というところです。

 

奨学金なら月3万円借りていたとして

返済は月1万円〜です。

 

全部で固定費

250,000円にもなります。

 

もうお気づきですか?

必然的にあなたは

食べていけなくなるのです。

 

 

あなたの初任給はこれくらいありそうですか?

 

先ほど伝えた通り、

新卒の場合の初任給では

到底食べていけないケースがほとんどです。

 

「新卒の社会人=自立する」

が普通だった時代は

とうの昔に過ぎ去っています。

 

無論、新卒の入りたての

未経験のあなたでは

到底稼ぐことができないでしょう。

 

いつまで経っても

自立しようにも自立することが

できない状況が続くのです。

 

 

なぜこんなことが起こっているのか?

 

 

日本経済が衰退しているからです。 

 

そもそも企業から貰える給料が減り、

副業をしようとアルバイトを探しても、

 

今の時代AI,ロボットが急速に発達し、

接客業、受付、シェフ、配達員、

タクシー運転手工場作業員、ネイリスト・・・

 

今ある職業の半分以上が

ロボットに取られていきます。

 

f:id:tomomichisaida:20170211212117j:plain

gendai.ismedia.jp

 

そして、今では長崎のハウステンボス

「変なホテル」というフロントやポーターなどの

業務にロボットを導入して、

人件費を4分の1に抑えたホテルが開業されました。

 

www.nikkei.com

 

もう、人手がいらない

ドラえもんが仕事を取っていく時代に

移り変わりつつあるんです。

 

 

「知らなかったです…」は聞き飽きました。

 

 

この記事で今の日本の現状について

知ることができて、

何か気づけた人はラッキーですね。

 

 

ほとんどの人はこういったことも知らずに、

もしくは知っていたにも関わらず、

 

「自分だけは大丈夫だ」

 

なんて根拠もなく思って

こういった現状から目を背けていくんです。

 

本当、面白いくらいみんな。

 

 

でも、いざ就職したり、

将来について考え出した時に

ふと思うんです。

 

 

「このままじゃやばい…」

って何かに追われたような顔で。

 

だけど、その時にはもう遅い。

 

 

だって就職したら、

せっかく集めた人材を逃さないように

 

「この企業は〜で

〇〇って言う制度も整っているから

とりあえず最後までやりきれ!」

 

って言う洗脳を受けたり、

少ない月給の割に合わない

タスク量を与えられて、

 

休みも有給が取れないくらい

働かされて、そんな余計なことを

考えさせないようにするわけですよ。

 

 

bylines.news.yahoo.co.jp

 

以前、とある会社の

実態についても書きましたね。

載せておきます。

 

 

tomomichisaida.hatenablog.com

 

 

 

これに耐えられますか?

っていう話です。

 

 

「いやいやいや、さいださん。

そんなの一部の企業の事を

言ってるだけでしょ?

 

実際ホワイトにやってる会社の方が

多いに決まってますって!」

 

って声がどこからか

聞こえてきそうですが、

 

 

ほら、また

「自分だけは大丈夫だ」

って思ってません?

 

すぐそう思っちゃうんで

気をつけてくださいね。

 

 

 

 

f:id:tomomichisaida:20170214210118j:plain

荒んだ世の中でやりたい事やって生きれるのはごく一部

 

 

ここまで読んで頂いたあなたなら

もう⇧という事に気付いているんじゃ

ないかなと思います。

 

 

世の中の8割の人は

こうして時間的制約を受けて

 

「時給、日給、給料」

という概念にとらわれ続けて

生きていきます。

 

別にそれが悪い事ではありません。

ただ、僕は嫌でした。

 

 

毎朝混み合う満員電車の中

仕事場に向かい、

 

上司にうるさくものを言われて

それを我慢しながら家族の幸せの為に

汗水流して働いて、

 

ボーナスが入ると思えば

ボーナスと言えないような

少額のお金しかもらえず、

 

子供のクリスマスプレゼントも

サンタさんにお願いするって言って

目を輝かせているのにも関わらず、

ゲーム機一つ買ってあげられない。

 

 

久々に家族旅行に行きたい、

と思っても、長期の休みが

取れるわけもなく、

海外旅行なんて夢のまた夢で、

 

ゴールデンウィークやお正月休みといった

人が混み合う休みの時に出かけて、

 

わざわざ渋滞や人の行列に並び

体力を使い果たして思うように

楽しめずにまた渋滞に巻き込まれて帰っていく。

 

 

 

それがあなたの望む

”幸せ”であるならば僕は何も言いません。

 

 

 

でも、そうじゃないでしょ?

f:id:tomomichisaida:20170214212231j:plain

 

 

時間もお金にも制約されずに、

行きたい時に行きたいところに行って

やりたい事をやりたいと思った時にする。

 

欲しいものは我慢せずに

欲しい時に手に入れられる。

 

 

場所も気にせずいられればなお良しですね。

満員電車なんて一生乗らなくて大丈夫です。

 

女性なら痴漢に合う心配なんて

一生ありませんし。

 

 

そんな生活を望んでいるはずです。

僕もそうでした。

 

 

なんせ、

過労でバイト先でぶっ倒れた事もありますし、

真夏の満員電車が暑すぎて

電車の中で過呼吸になった事もありますから。笑

(結構実話です。)

 

 

働くって本当しんどいし

働く事でやりたい事をする時間もなくなるし

友達とも関係が気薄になっていくし、

大好きな恋人とも会えないし。

 

 

「こんな辛い将来のために今まで

一生懸命勉強してきたのか?」

 

とか思っていました。

(高学歴の方にとってはもっとですよね。)

 

 

世の中のおじさんたちは凄いなって

改めて尊敬しますが、

憧れは全くもってありません。

 

嫌です。絶対に。

だから事業主になりました。

 

 

やりたい事を思う存分楽しむ

人生を送るために。

 

 

 

いかがでしたか?

少しでも将来的な危機感であったり

不安な要素って見えてきましたか?

 

あえて今回はこんな不安を

煽る記事を書いてみましたが、

これが必要性へと変わっていきます。

僕は変わっていきました。

 

理想の自分の生活を叶えるには

今の自分じゃ到底難しい話なんだな

と理解しました。

 

 

今日はここまでにして

次回、僕らがなぜ自由になれないのか。

やりたい事やって生きられない

人生を強いられるのか。

 

その根本的原因を

全て告白しようと思います。

 

 

もしかしたら、反社会的すぎて

アンチから殺害予告が来るかもしれないです笑

 

 

それでも僕は書き続けたいと思います。

どこかのヒーロー気取りのように聞こえますが

そうじゃないです。

 

 

僕の人生よりあなたの人生を優先させて

僕の書いた記事をきっかけに

一歩踏み出してみてください。

 

それが僕の本心です。

 

 

 

もし今回の記事で危機感を感じたり、

実際に今困っていることがあるということであれば

気軽に僕に直接コンタクトをとって下さいね!

 

 

無料相談を行っているので、

下記のリンクからお申し込みいただければ

僕と直接コンタクトを取れます。

 

 

多くの反応をお待ちしていますので、

あなたも何かを感じたのであれば

連絡を気軽にくださいね!

 

 

では、また明日お会いしましょう!

 

 

f:id:tomomichisaida:20170214211450j:plain

 

無料相談は以下のリンクから

f:id:tomomichisaida:20170211212117j:plain

 

tomomichisaida.hatenablog.com