【最近ふと思った言葉に関することを正直に書いてみる】

f:id:tomomichisaida:20170129212515j:plain

【最近ふと思った言葉に関することを正直に書いてみる】

 

こんにちは。さいだです。

 

タイトル通り、最近ふと思った

言葉に関することを

正直にいつものように当たりキツく

書いてみようかなと思います。

 

 

 

「世の中お金じゃない!!」

って頭ごなしにいう人がいます。

 

以前の僕です。

僕は昔からずっとそう思ってました。

 

なんでかって、

もし世の中お金だとしたら、

なんだか寂しくないですか?笑

 

世の中で大切なのは、

愛・友情・仲間とかやろ!

って思っていました。

 

そういったこともあって

大学入ってすぐは教職課程とかとって

世の為人の為に役立てる

人間になろうと思ったわけです。

 

まぁ塾講のバイトとかも通して

人に教える職業が天職だろって

勝手に思ってたりしたこともあったんですが。

 

 

でもここ1、2年で

「本当に世の中お金じゃね?」

と思うようになったんですよね。

 

(信念ブレすぎやろ、

とか言うのやめてください。笑)

 

 

というのも、塾講のバイトや

派遣のバイトを辞めてから特に、

 

自分で収入を得ていかないと

生きていけないと実感しましたし、

やっぱりお金があった方が

色々やりたいことができるんですよ。

 

 

美味しい物も食べることもできるし

欲しいものも買えるし、

行きたいところにも行ける。

 

交通便の使い方も

タクシーを使えば都会では便利にもなる。

 

不便に感じていることの

ほとんどは解決できてしまうんですよね。

 

 

僕が「世の中お金じゃない」

と思っていたのは、

 

単に稼ぎの少ない職業を選び、

給料の少ない生活を送る将来の自分を

正当化したかったから、

ということに気付きました。

 

(先生をディスってるわけじゃないです。)

 

 

「世の中お金じゃないな」

って言う経験をしていないのに

なぜか自然と思い込んでいたんです。

 

 

言葉は作るものではなく、勝手に出てくるもの。

 

もし、お金を沢山稼いでいて、

何不自由のない生活を送っている人が

 

「世の中お金なんかじゃない!!

人だ!仲間だ!愛だ!!」

 

といえば、

すごく説得力がありますよね。

 

沢山のお金を持った時に

わかったことがあるんだろうなって思ったりします。

 

 

でも、大してお金を持っておらず

稼ぎの少ない人が

 

「世の中お金じゃない!!」

 

と言っても、説得力がないと思いません?

「あなたはお金の何を知っているんですか?」

って言いたくなっちゃいます。

 

 

それなら、

 

「世の中お金が全て・・・

ではないかもしれないけど、

でもやっぱお金超大事。

 

まずは自分が幸せにならないと

誰も幸せにできないですし。

 

って言う人の方が僕は好きです。

なぜかというと、誰かの言葉の引用でなく

その人が感じた言葉だから。

 

恐らく、お金に関して

あったらやりたいことができたのにな、

誰かを幸せにすることができたのにな、

って感じた部分があったんだと伝わりますし。

 

その人が言ったことに

経験が乗っかっていると

重みが出るんだろうなと思います。

 

 

こういうのって結構ありません?

 

 

誰かが言って自分が響いた言葉とか

自己啓発系の本から引用した言葉とかを、

自分が本当に思っているように言うこと。

 

僕が言いたのはどっちが正しいか?

ではなくて、その言葉は

自分の言葉か誰かの言葉の引用かです。

 

 

世の中お金だろうと

お金じゃなかろうと、

死にはしないですし、

その人の考えであることは間違いないのですが、

 

そこに自分の経験が乗っかっていないと

全くもって重みがないんですよね。

言葉が軽いんですよ。

 

 

逆に万人ウケする言葉でなくても、

その言葉がその人の本心で、

それ相応の経験をしてきた人なら

僕は素敵な人だなと思います。

 

 

だって、他人の顔色も気にせず

自分の思ったことを言うって

結構勇気いりますから。

 

 

言葉に感じる違和感…

 

今僕は大学を休学しているんですが、

それにも実は結構勇気が必要だったんです。

 

なんでかって?

結構色々あったんですよ、家族間で。笑

 

やりたいことに思い切りチャレンジするために

「休学したい!」って思ったんですが、

 

もちろん両親や保証人になってくれた

おじさんの承諾は必要で。

 

まぁーこっぴどく言われるわけです。

「道をそれるな!」とか、

「お前は大学に何しに行ったんや!」とか。

 

それを振り切って

家を出て行く覚悟で休学を選んだんです。

(復学予定はないのですが、、)

 

で、今やりたいことに

チャレンジし続けているわけですが、

大学に通っていた頃より時間もあるので

かなりのチャレンジができて充実しています。

 

 

そんな経験をしたのであれば、

「親の反対を振り切ってでも

やりたいことをやるべき!」

 

っていう言葉も

伝わるのかな、と思ったりするのですが、

 

そんな選択をしたことがないのに、

「やりたいことやったらええやん!」

と言って自分は大学に通う人もいます。

 

僕は超違和感を感じていました。

 

 

なぜなら、それを言った人は、

本気でやりたいことをやろうと思ったことが

ない人がほとんどだから。

 

 

「やりたいことやったらええやん!」

という言葉を言えるのは、

 

本気でやりたいことをやろうと

思って挑戦したことがある人にしか

言う資格はないのでは?

 

いくら正論っぽいことを言ったとしても、

その言葉にその人の本当の想いがこもらなければ、

その言葉は生きていません。

 

 

僕が今日一番言いたいのはこれです。

 

 

自分の言葉を大切にしたいということ。

 

 

今の時代、

誰かが声高らかに叫んだ主張や、

 

著名人なんかの名言が簡単に

自分の耳に届いたり、

SNSで拾えたりします。

 

常に誰かが互いに

正反対のことを主張していますよね。

 

「夢は叶う」

という言葉があれば

「諦めも肝心」

という言葉もあったり。

 

情報が溢れかえっている社会だからこそ

自分が本当に思っていることが

分からなくなり、伝わりづらくなってしまいます。

 

だからこそ、自分自身と向き合って

自分の言葉を大切にしていかないと

いけないんですよね。

 

 

自分の言葉であれば、

世の中が金であろうとなかろうと

どっちでも良いんです。

 

自分の言葉を大切に。

そこから生き方へとシフトできたら

何よりですよね!

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。