読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【「イエス」は人生のパスワード】

コラム 考え方

f:id:tomomichisaida:20170107223017j:plain

【「イエス」は人生のパスワード】

 

こんにちは、さいだです。

 

あなた一日どれだけ
「イエス」と返答していますか?

 

「イエス」よりも
「ノー」という回数の多い人は

映画『イエスマン』を

ご覧になる事をお勧めします。

 

イエスマン』は、

ジム・キャリーが主演の
2008年の映画です。

 

あらすじを簡単に説明します。

 

イエスマン〜「イエス」は人生のパスワード〜』

 

ジムが演じる主人公であるカールは
すごく消極的で、内気な男性。

 

人の誘いにも
「ノー」ばかり言っており
いつも退屈でつまらない日々を送っていました。

 

 

そんなとき

ある自己啓発セミナーに

強引に誘われて参加します。

 

するとそこで

"教祖" のような人物に、

「とにかくすべてにイエスと言え!」

と言われます。

 

さらに、

「ノーと言うと、神罰が下るだろう!」

とオドされたため
しかたなくそれに従うことになりました。

 

その結果……。

 

ホームレスにお金をせびられても「イエス」。

休みの日に出勤をするように言われても「イエス」。

仕事で無理なお願いをされても「イエス」。

隣に住んでいるおばあさんに迫られても「イエス」…。

 

というように、色々な場面で

「イエス」と言わざるを
得ない状況になってしまう……

 

というコメディ映画です。

 

 

ちなみにその中で

僕自身、特に面白いと

思ったシーンがあります。

 

 

彼は「イエス」ということにより
色々な趣味を始めることに
なってしまいます。

 

飛行機の操縦、ギター、バンジージャンプ…。

そのうちの一つに

「韓国語学習」がありました。

 

『いや、何で韓国語!?」
とか思ったりしました。笑

 
しかし、この映画の中では

学んだスキルは、きっちりすべてが役に立ちました。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

という展開でした。

 

たとえばギターを学んだことで
自殺しようとしていた人の前で
弾き語りをして助けた、とか。

 
そして
「韓国語学習」も
役に立つシーンがあります。

 

カールは友人と
結婚式のサービスを行う会社に
行きました。

 

するとそこで
偶然にも韓国人の女性店員がいました。

 

その店員さん
ものすごくトゲトゲしく
ロクな対応をせず

 

「早く決めたら!?」
というような口調で話してきます。

 
さぁ!

そこで彼は
学んだ韓国語で、話します!

 

「どうしてそんなに怒ってるの?
何か悩みでもあるの?」

 

すると、韓国語で話しかけられて
気がゆるんだ店員さんは
自分の悩みを語ります。

 

「幸せそうな新婚の人たちを見ると

イライラして!私には恋人もいないのに!」

(それってプロとしてどうかと思いますが…) 


するとまぁ、主人公であるカールは
韓国語で説得します。

 

「そんなことを考えていてはダメだ。
相手を幸せにしてあげたら
自分も幸せになれるだろう?」

 

そうすると、店員は言いました。

 

「確かにそうね! 私、頑張ります!」

 

こうして韓国人店員さんも

元気を取り戻します。

(映画とはいえ、話が上手く行き過ぎですが…)

 

とにかく彼は
「イエス」と言うことにより
大変なことも増えますが

 

それでも
行動の幅は広がり
チャンスや出会いも広がり
最終的には幸せになっていく…

というような映画です。

 

興味ある方は見てみてください。

 

 

さて、ここから考察します。

 

この

「必ず『イエス』と言う」

という行動。

 

もちろん、すべての人のお願いに対して
「イエス」というのは
現実的にかなり厳しいですし
むしろ危険過ぎます。

 

しかし、それでも学ぶところはあります。

 

人のお願いに対して
もしくは人が困っているときに
「イエス」という。

 

誰かのために、

自分が出来る事を精一杯してあげる

 

それこそが、相手も自分自身も

幸せになるに為に大切な事だからです。

 

 

生きる満足を感じるための唯一の道

 

精神科医である
ヴィクトール・フランクル

 

『人間は「自分のしたいこと」

をするのではなく 

 

自分のことを忘れ
「誰かのために、自分ができること」を
全力で行うことが

 

生きる満足を感じるための
唯一の道である』

 

という言葉を残しています。

 

まずは、ダマされたと思って
小さなステップから始めてみて下さい。

 

具体的には

「一日につき一つだけ『ノー』を

『イエス』に変えてみる」

 
すべてを「イエス」にすると
疲れてしまうので、一日につき
たった一つだけ「イエス」としてみて下さい。

 

「料理手伝ってくれない?」
と言われたとき

 

いつもなら断るところを
今日だけ「いいよ!」と返してみる。

 

「この仕事、誰かお願いできる?」
と依頼されたとき

今日だけ「自分がやりますよ」
と言ってみる。

 

やらなきゃいけない勉強があり
「明日にしようかなー…」と思った時に

「今日、少しだけでもやろう!」
と自分に言い聞かせてみる。

 

内容は何でも構いません。
自分のことでも、

誰かのためのことでも大丈夫です。

 

とにかく今までの自分なら

「ノー」になるところを

たった一つだけ「イエス」にするのです。



実際に僕自身、心がけるようになると
少しずつ状況が変わってきました。

 

これは、やってみた人にしか分かりません。

 

自分の為ではなく誰かのために

役に立てたと思った時人間は

喜びを感じる事が出来る動物なのです。

 

 

また、自分自身が大変なときや困っているとき

周りの人が助けてくれるようになります。

 

是非、小さな行動一つから変えてみて下さい。

 

 

何か変われるチャンスがある時は
断らずに遂行する事がチャンスですよ!

 

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。