【※大変危険です※】

f:id:tomomichisaida:20170102094000j:plain

【※大変危険です※】

 

こんにちは。さいだです。

 

今日は20代前半のあなたに
僕が好きな詩をお伝えしようと思います。

 
 
もしかしたらあなたは
今までレールの敷かれたルートを
渡ってきたのかもしれません。
 
 
本当はたくさんのやりたいことがある。
人生一回きりでやりたいことは沢山ある。
溢れるほどのたくさん。
もっと時間に縛られずに自由に。
 
フラットした気持ちで
自由に働ける職業に就きたい。
 
 
もっと、旅行も行きたい、海外も行きたい
美味しいご飯も食べたい。
 
家に100インチくらいの大きなテレビつけて
映画とか見たりしたい!!だけど・・・
 
親がダメと言うからこれはやらない。
親がこうしたらいいというからこうする。
 
 
親が・・親が・・・親が・・・
友達がやめとけというから・・・
誰もやっていないから・・・
知らないことだから・・・
 
 
そんな風にたくさん挑戦という壁が
目の前に立ちはだかったとき
挑戦を避けてきたかもしれません。
 
 
就職も周りの流れに添ってやろう・・
新卒で入り、やりたくない仕事だけど・・
仕事辞めたいけど周りはみんなサラリーマンだし・・
 
急に仕事辞めるなんてリスクが・・・
給料がなくなるのは怖いな・・・
後からでもいいや!!
 
と色々なことから
避けているあなたに
送りたいメッセージです。
 

 

 
=========================
 

危険

 
笑えば、愚か者と思われるかもしれない。
泣けば、めめしい奴だと思われるかもしれない。
 
他人に手をさしのべれば、
やっかいごとにまきこまれるかもしれない。
 
喜怒哀楽をあらわせば、
自分の本性までさらしかねない。
 
夢を語れば、
もみくしゃにされてはかなく消えかねない。
 
愛することには、
失恋の危険がつきまとう。
 
生きることには死の危険が、
求めることには失望の危険が、
挑戦することには失敗の危険がつきまとう。
 
 
しかし危険は冒さなければならない。
 
人生最大の悲惨は、
なに1つとして危険を冒さないことにある。
 
 
危険を冒さぬ人は、
なにも成し得ず、
なにも手にいれられず、
なにもない人生を送る。
 
 
危険に身をさらさなければ、
苦しみや憂いは避け得ても、
学び、変革し、成長し、愛し、
生きていくことができない。
 
 
危険に対して及び腰の人は、
自由を剥奪された奴隷のようなものだ。
 
 
危険を冒す者だけが、
人生を自由に生きられる。
 
 
フレデリック・ウィルコック
 
 
==========================
 

危険を冒す者だけが、人生を自由に生きられる。

 
 
いかがだったでしょうか?
 
こちらは僕が尊敬している方から
頂いた詩です。
 
 
今は色々経済的にも
良くないニュースばかりですよね。
 
税金も上がれば平均収入も下がる。
どんどん袋小路に入っていくことが
目に見えているこの日本で誰が
あなたの人生を良くしてくれると思いますか?
 
 
総理大臣でも、親でも、友達でもなく
紛れもなく誰でもない“アナタのみ”なのです。
 
 
僕も昔、周りが、親が、環境が
上司が、同僚が、同級生が・・・
 
 
このようなことばかり言って
すべてを他責にしていました。
 
 
自分自身に降りかかってくる
危険が怖かったからです。
 
 
しかしあるときに気づいたのが
上の様な詩に書いてあることでした。
 
 
大人になるにつれて行動しなくなってくる。
現実が押し寄せてくるなんてよく言う話です。
 
 
しかし、そこでもやりたいことに立ち向かって
何かを挑戦することってとても大事で、
でも挑戦するのはかなりのエネルギーが
必要だからこそ危険が伴う。
 
 
でも危険を冒していたからこそ
今の僕があるわけですよね。
 
それは危険を冒して本当に良かった。
と思うばかりです。
 
 
勿論、僕も成功者と言われるような
頭が高いような者ではないですが
 
少なくとも言えるのは
危険を恐れて何も挑戦しない人に比べたら
かなり充実した人生になっているなとは思います。
 
 
まだ若い20代前のあなただからこそ
是非これからも危険を犯していくと
いいかなと思います。
 
 
最後まで読んでいただき
ありがとうございました。