読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【20代学生が将来の為に知っておきたい3つのこと】

f:id:tomomichisaida:20161230172020j:plain

【20代学生が将来の為に知っておきたい3つのこと】

 

こんにちは。さいだです。

 

いきなりですが、

この記事を読んでくださっている

あなたは将来への不安を

感じて読んでいるのだと思います。

 

「就活どうなんるんだろう…?」

「就職して本当にやりたい事ってできるの?」

「就職してもクビになるんじゃない?」

「年金は貰えなくなるの?」

社会保険も余分に払わなきゃいけない?」

「もし病気になったら医療費は貰えるの?」

 

将来の不安のタネはつきませんね。

 

年金、医療費、所得格差・・・

もう国や社会が個人の面倒を

見てくれる時代ではありません。

 

本来なら選択肢は2つあります。

 

 

 

ひとつは『大きな船に乗る』ことです。

大企業に就職すれば、公務員になれば、

結婚相手が高収入なら安心という選択肢です。

 

しかしこの選択肢は残念ながら

なくなりつつあります。

 

大企業に就職する人は

トップ1%の即戦力になる

人材のみになりました。

 

公務員も減給され、年金の額も減り

今じゃ安月給・低年金になっています。

 

高級取りの結婚相手は

日本人の中で4%の

微々たる人数でしかありません。

 

数字レベルで難しくなっています。

 

 

もうひとつの選択肢は

『自分で泳ぐ』力を身につけることです。

 

これからは個人で収入を得る時代だ、

なんて言われていますが、

それだけ個人の力が必要になってくるのです。

 

では、具体的にどのように 

個人の力を磨いていくべきなのか。

 

その辺りを3つピックアップしたので

お話ししていきます。

 

 

1. 複数の収入源を得る

 

貧富の差が激しく、離職や転職、

そして離婚の多いアメリカでは

経済的安定ののために

 

『セブンポケッツ』を持ちましょう

と言われます。

 

セブンポケッツというのは

『7つの収入源』という意味です。

 

7つ!と聞くと、

そんなたくさんの収入源を作るのは

無理と思ってしまいますよね。

 

ほとんどの日本人は会社からの

収入しかないのでワンポケットだと思います。

副業を禁止している会社もありますしね。

 

ただ僕の経験からも、2つでも3つでも、

複数の収入源を持つことは、

本当に経済的な心配を解消する効果が高いです。

 

収入源を持つことは

貯金よりも効果があります。

 

なぜなら貯金があっても、

もし会社をクビになったら、

あとは貯金は減る一方だからです。

 

複数の収入源があれば、

失業しても貯金を減らさずに

ある程度生活できる可能性があります。

 

もちろん会社からの給料と

同じくらい稼げないかもしれません。

 

それでもいいんですよ。

 

 

例えば1ヶ月の生活費が20万円だとして、

5万円の副収入があれば、

 

月15万円の仕事が見つかれば

生活していけます。

 

月給15万円であれば

アルバイトでも十分稼ぐことができます。

 

実際の収入がなくても、

お金を稼ぐ『選択肢』として持っている

だけでも意味があります。

 

あなたが学生なら一度、

「もし就職した会社でクビになったら

自分には何ができるか?」

と考えてみると良いかもしれませんね!

 

 

2. お金以外の価値とスキルを身につける

 

初任給、年金、両親の介護費 etc…

 

なぜあなたがお金に関連したことばかりに

『不安』を感じてしまうのかというと、

増えたり減ったりが数字として目に見えるからです。

 

本当はスキルもお金と同じくらいか

それ以上に大切なのですが、

 

増えたり減ったりが目に見えないので

心配する人が少ないだけです。

 

収入を得るスキルこそが最高の資産です。

 

収入を得るスキルがあれば、

少ないお金で生活していくこともできますし、

お金を稼ぐことも簡単になります。

 

 

例えば、

 

英語が得意であれば、

教育費を全くかけなくても

子どもに英語を教えることができます。

 

親が読書好きなら、読み聞かせをしてあげるだけで

子どもの理解力と言語能力は飛躍的に伸びて、

学力で困ることはなくなります。

 

どんな塾に通わせるよりも効果的です。

 

 

特に教育において、

親のスキルはお金では

買えない価値があります。

 

お金以外の資産に目を向けて、

目減りしない資産であるスキルを身につければ

自然とお金の心配も減っていきます。

 

 

3. 人生の目的を見つけよう

 

「どういった人が幸せか?」

 

お金をたくさん持っている人、

常に笑っている人、

常に周りにたくさん人がいる人 etc…

 

たくさんあると思いますが

不幸になる人のケースとして多いのは

お金がないことでも周りに人がいないことでも

全く笑わない人でもありません。

 

人生の目的を見失っている

ケースのほうが多いのです。

 

 

例えば

「大企業にいれば長い目で見ると安心」

と多くの人が考えています。

 

でも本当に『長い目』で見ているか、

疑問を感じます。

 

それは定年などで退職した

『後』のことも考えてのことでしょうか?

 

定年退職後にうつになったり、

急激に老け込む人がたくさんいます。

 

仮にお金に困っていなくても、

その人達は幸せでしょうか?

 

僕の父親は会社を退職後、

アルコール依存症になりました。

 

40年間、生活のすべてを特定の

環境で過ごしてきた人が、突然

新しい環境に放り込まれることになります。

 

お金は多少残っているかもしれませんが、

社会的立場も、権力も、スキルも、

全てを失うことになります。

 

定年退職後、

うつやアルコール依存症にはならなくても、

本当に充実した老後を過ごせる人は

少数派だと思います。

 

お金の心配ばかりしてしまうのは、

もしかしたら心から打ち込めるものが

ないのが理由かもしれません。

 

「自分は○○をしている時が幸せ」

だとはっきり言える人がどれほどいるでしょうか?

 

夢や人生の目的といった

大げさなものでなくても、

 

心から打ち込める趣味や

一生をかけて達成したい目標を

持っているだけで、お金から自由になれますよ。

 

 

極論を言います。

 

お金の心配は20代のうちの

思考不足・努力不足が原因です。

 

 

この世の全てが

お金だなんて言いません。

 

友達、家族、健康....

大切なものはたくさんあります。

 

しかし、人の悩みの根源は

8割が金銭関係で残り2割が人間関係です。

さらにこの中の8割がお金で解決するものです。

 

考えてみてください。

 

あなたの両親にガンが発覚したら

治療を受けるのに高い医療費が

必要になりますよね?

 

もしかしたら、

より高い医療費を払えば

両親が救われるのにも関わらず

 

お金がないがために、助けられない

ケースもあるかもしれません。

 

 

そんなことを未然に考えて

学生のうちから個人で収入を得るための

スキルを身につけようと行動に移している人は

ほんの10%の人しかいません。

 

この記事を読んでいるあなたもそうです。

 

ここまで時間をかけて

僕の記事を読んでくださったのにも関わらず

読んで知って、そこで終わり。

 

何も行動に移して、

努力しようともしないのです。

 

 

こんな人もいます。

 

考えたつもりになって

行動に移したつもりになっている人。

 

いい加減自覚してください。

 

考えることは行動には入りません。

実際に身体を動かして、

セミナーに行ってみたり、

誰かから教えてもらったりしてください。

 

今の能力で戦おうとするから

これまで色々と失敗してきたのです。

 

 

結論、思考不足と努力不足です。

 

あなたが本当に欲しいもの、

得たい気持ち、避けたい痛みはなんでしょうか?

 

その目的や問題を解決するためには

それと同様にお金と時間と努力が

必要なことのほうが多いと思います。

 

結局、あなたにできることは

考えて考えて考えて、

それに向かって努力することしかありません。

 

幸いなことに、

人間は同時にひとつだけの物事しか

考えることができない生き物です。

 

行動を起こした瞬間に

不安は消え去ります。

 

自分で行動を起こすことでしか、

根本的に不安を消す方法はないのです。

 

考えて行動を起こして努力しましょう。

 

ただお金のためではなく、

自分が本当に望む未来のために。

 

 

最後まで読んで頂き

ありがとうございました。

 

 

 

 

P.S.

 

今月分の無料相談会は終了ですが、

今年中に申し込み頂ければ

1月に対応します。

 

あなたの1歩目になればなと思います。

よかったら。

 

↓ ↓ ↓

tomomichisaida.hatenablog.com