読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【一ヶ月の命と宣告されたら】

コラム 考え方

 

f:id:tomomichisaida:20161227191312p:plain

【一ヶ月の命と宣告されたら】

 

こんにちは。さいだです。

 

いきなりですが、

「あと一ヶ月の命と宣告されたら

 あなたは何をしますか?」

 

 

本当に唐突な質問で 

困惑された方もいると思いますが、

今回のテーマはずばりこれです。

 

普段生活をしていて

こんなことを考える直面は

ほとんどないと思いますが、

 

この問いの答えこそ、

あなたが一生涯かけてやるべきことです。

 

イマイチ腑に落ちないあなたに向けて

記事を書き進めていきたいと思います。

 

 

 

『あと一ヶ月の命です。』

 

明日突然、あなたが医者から

そんな風に宣言されたら

どんな気持ちになりますか?

 

突然の宣告を受け入れられず 

パニック状態になり

何も手に付かないかもしれません。

 

頭がボーッとして

何を言われても何をされても

心が無のうつ状態

なってしまうかもしれません。

 

死の恐怖に怯えて身体の震えが

止まらなくなるかもしれません。

 

 

そして次第に事実を受け入れると、

余命一ヶ月となったら

今よりずっと真剣に生きるでしょう。

 

「本当にやりたいことをやりたい」

 

「本当に会いたい人と会いたい」

 

「本当に話したいことを話したい」

 

「本当に行きたいところへ行きたい」

 

「本当に見たいものを見たい」

 

どんなことを思うのか

想像もできないかもしれません。

 

 

2003年に作成された

死ぬまでにしたい10のこと

(My Life Without Me)

 

という映画では

余命2ヶ月と宣告された

23歳の女性が主人公です。

 

あらすじを簡単に紹介します。

 

 

死ぬまでにしたい10のこと

 

失業中の夫と、二人の娘と

暮らしていた23歳のアンは

 

突然医師から、

「余命2ヶ月です」

という宣告されてしまう。

 

アンはこの事実を誰にも話さず

隠し通すことを決意し、

 

自分が死ぬまでにしたい10のこと

ノートに書き出して一つずつ

実行に移していきます。

 

 

 1.娘たちに毎日愛していると言う

 

 2.娘たちの気に入る新しいママを見つける

 

 3.娘たちが18歳になるまで毎年贈る

   誕生日のメッセージを録音する

 

 4.家族とビーチに行く

 

 5.好きなだけお酒と煙草を楽しむ

 

 6.思っていることを話す

 

 7.夫以外の男の人と付き合ってみる

 

 8.誰かが私と恋に落ちるよう誘惑する

 

 9.頬の感触と好きな曲だけしか覚えていない

   刑務所のパパに会いに行く

 

 10.爪とヘアスタイルを変える

 

 

誰にも打ち明けずに

この10のリストを実行していくうちに

生きる喜びを全身で感じるようになります。

 

アンは、自分がいなくなったあとの

夫や子どもたちの人生が最高なものになるよう

最後まで必死に生きていく…

 

というストーリーです。

 

彼女がガンに倒れたことで

最も大事なものは自分自身の

夫や娘、両親だと気付かされたのです。

 

 

自分にとって最も大切なモノ

 

自分の命が有限なものであると感じた時 

人生をより真剣に生きるようになり

 

自分にとって最も

大切なモノが見えてくるのです。

 

 

人間は

「いつまでも生きていられる」

 

と思っているうちは

どうでもいいことに

時間を使ってしまうのです。

 

 

会いたくない人と顔を合わせ、

つまらぬ会話に頷いている。

 

みんなと歩調を合わせて

行きたくないところへ行き、

 

取り残されたくないから

見たくもないものを見る。

 

 

そして、人生最後となった時

「自分が本当にしたいことは

 何一つしてこなかった…」

と後悔するかもしれません。

 

 

 

哲学者のパスカル

 

「あと一ヶ月の命となった時に

 しなければならないことを

 一生涯かけてやりなさい」

 

と言っています。

 

 

一ヶ月後に死が迫った時でも

「これをしなければならない」

と思うことが 

 

「あなたが本当に望んでいること」

なのです。

 

 

いつまでも生きていられる

と思っているから

本当に大切なモノが見えないのです。

 

「あなたの命は1ヶ月」

と宣告された時、

 

あなたは一体何をしたいと思うのか

考えてみてください。

 

 

「あなたは誰と一緒にいたいですか?」

 

「あなたはどんなことをやりたいですか?」

 

「あなたはどんなとことへ行きたいですか?」

 

「あなたは誰に何を伝えたいですか?」

 

あなたにとって

最も大切なモノが見えてくるはずです。

 

あなたの宝物は何ですか?

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

P.S.

 

個人的に好きな動画を貼っておきます。

 

「命」「生涯」「選択」

について考えさせられます。

 

ぜひ見てみてください。

↓ ↓ ↓

 


鷹の選択 〜変化と成長を求める〜