【旅をしたらモテるそうです】

f:id:tomomichisaida:20161215081859j:plain

旅をしたらモテるそうです

 

 

嘘です。笑

 

それだけでモテるようになれば

旅をする人が急増します。笑

 

なんでそんなことを書いたかというと

嘘というか、重要な部分を省いています。

 

完全なる主観ですが、

旅をしている人って男性でも女性でも

何故かカッコ良かったりしますよね。 

僕自身もそれに影響された一人です。

 

では、何故魅力的に見えるのか?

 

重要な部分は「旅をする」

というところにあります。

 

 

 

旅でなぜモテる?

 

旅と言っても色々あります。

日本一周、アメリカ横断、世界一周…

 

そんな規模の大きいものから、

琵琶湖一周、四国一周…

という↑より規模の小さなもの、

 

さらに、

ヒッチハイクの旅、自転車の旅、電車の旅…

 

多種多様と言っていいほど

旅の種類はあります。

 

どれもチャレンジ精神旺盛な人からすれば

ワクワクするようなものなのではないかなと思います。

 

 

では、旅をする人が何故魅力的なのか。

何故憧れを抱くのか。

 

 

自分の好きな事をしてるから?

自由な暮らしに憧れるから?

純粋にその人がカッコイイから?

 

色々あると思います。

どれも間違いではないと思います。

 

 

これは僕が思うにですが、

 

「苦労・努力・根性」

 

を一気に経験した人は

どんな人でも魅力的だから、

ということです。

 

 

苦労し努力し根性で乗り切る

 

旅の醍醐味と言えば

旅を終えた時の達成感なのではないかなと思います。

 

ゴールを迎えた時の

「よっしゃ!!!!」

 

という感覚が忘れられなくて

旅を続ける人が多いのではないかなと。

 

なんで達成感が湧くかというと、

旅の途中であった出来事が一番大きいと思います。

 

 

長時間・長距離の旅なら

疲労がピークに達することもあるでしょう。

 

自転車の旅なら

足がおかしくなるほど筋肉痛になることもあるでしょう。

 

海外を旅するなら

食べ物が合わなくてお腹を壊すこともあるでしょう。

 

 

そんな苦労を

目標を達成するために努力して、根性で乗り切る。

 

それがあるから達成した時の喜びが大きいのです。

 

 

苦難を乗り越えた人の顔は何故かカッコいい

 

三たび肱を折って良医と成る

 

なんて言うように、

苦労を重ねた人は

立派な人には成長していきます。

 

旅を終えたさすらいの旅人は

どこかカッコよく、どこか背中が広く見え

大きい人間のように感じます。

 

死ぬ思いをして

何か一つのことを成し遂げたことが

その人にとっても自信になり、

 

誰かを魅了し、誰かに尊敬され、

憧れの眼差しを得ることができる。

 

そう思います。 

 

 

これって、旅だけではなく

”人生”という大きな枠組みでも

同じことなんじゃないかなと思います。

 

人生の醍醐味ってやつです。

 

 

”人生の醍醐味” それが生きる意味になる。

 


『人生の醍醐味』 我武者羅應援團 團長 武藤貴宏

 

 

この動画では我武者羅応援団が

人生の醍醐味について語っています。

 

最初は人によっては

「ん、、、ちょっと。」

と引く人もいると思いますが

最後まで見てみてください。

 

僕はこの動画で共感する部分があり、

最後、気づけば涙が出ていました。

 

いかに自分ごとにして見られるかで

得られるものは違ってきます。

 

 

 

あなたは何を得ましたか?

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

 

『人生の醍醐味 』は

こちらから↓↓

 


『人生の醍醐味』 我武者羅應援團 團長 武藤貴宏